更新

ハンドメイド・DIY

ティッシュケース

【簡単ハンドメイド】可愛い子供用ポケットティッシュケースの作り方


Warning: file_get_contents(https://ogaland.xyz/media/index.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/fishing1/puchima.com/public_html/wp-content/plugins/Oga-Ads-1/Oga-Ads.php on line 37

子供に持たせるポケットティッシュ。
ティッシュをそのまま持ち歩くのも良いですが、せっかくなら可愛いケースに入れてあげたい!

今回は、ハンドメイドや手芸初心者さんにも簡単☆
ミシンがなくてもできる、ポケットティッシュケースの作り方をご紹介します。

アレンジしやすいので、使う生地をお子様の好きなキャラクターに変えたりして喜ばしちゃいましょう♪

用意する物

普段からハンドメイドをされる方であれば、余り物で十分!
小さいので材料費もかかりませんよ。

○ 生地

今回は、キルティング生地を使います。
普通のコットン生地でもOKですが、キルティングの方がしっかりした作りになりますよ。

※キルティング生地 … お子様の体操服入れや手提げに使われる、中に綿の入った生地のこと。

○ バイアステープ

ティッシュケースの入り口部分をくるむのに使います。
今回は、フリル付きのバイアステープを使いますが、シンプルなものでも◎

生地の色味を考えてバイアステープを選びましょう。

○ 飾り(お好みでOK)

リボンなどの装飾があると可愛くなりますよ。

○ 基本の裁縫道具

針・糸・ハサミなど、基本となる道具を用意しましょう。
小物なので、手縫いでもすぐに仕上がりますよ。
もちろんミシンで縫っても◎

ティッシュケース 材料

スポンサーリンク

さっそく作っていきましょう♪

1.生地をカット

画像のように生地をカットしていきます。
縫い代込みの大きさですよ。

ティッシュケース 作り方

ティッシュケースは小さ過ぎてもティッシュが入らず、大き過ぎてもブカブカになって使いにくいものです。
作るときは、お手持ちのポケットティッシュの大きさを測ると◎

型紙を写すのが苦手な方も、ティッシュケースなら手間がかかりませんよ。

2.バイアステープ、装飾を付ける

生地がカットできたら、ティッシュをとる口になる部分にバイアステープをくるみます。

ティッシュケース 作り方

今回はミシンで縫いましたが、手縫いの場合はマチ針で留めてから縫うと縫いやすいので曲がったりしませんよ。

装飾はこのタイミングで!

全て縫い付けてしまってから装飾するとやりにくくなってしまうので、リボンを付ける場合はこのタイミングで付けてください。
100均のグルーガンで付けるのも良いですが、布小物の場合は縫い付けた方が仕上がりも綺麗になりますよ♪

3.裏と表を縫い付ける

裏になる部分と、先ほどバイアステープを縫い付けた部分を中表にしてグルリと縫います。
※中表 … 表になる面同士を重ねること。

ティッシュケース 作り方

裏と表を縫い付けることで、出来上がったときに縫い目が裏に入り込みます。
手芸や洋裁ではほとんどこの合わせ方をするので、間違わないようにしましょう。
縫い終えると裏返った状態になっているので、口から表に返します。

4.四隅を整えたら完成♪

四隅を綺麗に整えたら、可愛いティッシュケースの完成です。

ティッシュケース

フェルトでも◎

今回はキルティング生地で作りましたが、フェルトでも作れますよ。
フェルトの場合はバイアステープが要らないので、もっと簡単に作れます♪

また、お子様でも簡単に作れるので夏休みの自由研究などにもオススメです。
キルティング生地はどこか懐かしい感じがしますし、生地としての耐久性にも優れているので汚れたら洗濯もできますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
大きなものは作るのが大変ですが、ポケットティッシュサイズなら思い立ったときにすぐに取り掛かれます。
さらに、生地を購入する場合でも少ない量で十分なので材料費も安くで済みますね◎

何種類か作って、その日の服装やシーンごとでティッシュケースを使い分けられます。
リボンを付ける代わりに、刺繍を施してもオシャレに!

ハンドメイドと聞くと難しそうだなと思う方も、簡単なものから始めると楽しんで作れますよ。
ぜひ、お好みのデザインのティッシュケースを作ってみてくださいね♪

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Writerひなこ

可愛いイラスト、可愛いハンドメイド、可愛いお値段のコスメが大好きです。 それらを分かりやすく楽しく記事にして皆様にお伝えしていきたいです。 ハンドメイドのアイデアの元になったり、コスメ選びの参考になったりすれば幸いに思います。

他の記事を見る