更新

ハンドメイド・DIY

イヤリング 作り方

夏のアクセサリーは涼しげに。耳元で揺れる風鈴イヤリングの作り方

夏はイベントが盛りだくさんで、外出する機会も増えますよね。
せっかくの夏のイベントへのお出かけなら、夏をテーマにしたアクセサリーを楽しみませんか?
今回は、夏の風物詩「風鈴」をモチーフにしたイヤリングの作り方を2種類ご紹介します♪

100均の材料で手軽に作れるオリジナルのイヤリングを付けて、夏のイベントを思いっきり楽しんじゃいましょう♪

① ガラスドームを使った風鈴のイヤリング

準備するもの

○ ガラスドーム

16mmのものを2つ準備します。
ガラスドームは、中にパーツを封入してアクセサリーに加工するのが通常の使い方ですが、今回は逆さまにし風鈴のガラス部分として使います♪

ガラスドームは落としたり強い力を加えたりすると割れる場合がありますので、取り扱いには気をつけてくださいね。

イヤリング 材料 アレンジパーツ

○ 千代紙

風鈴の下の短冊部分に使います。

イヤリング 材料 千代紙

○ アクセサリーパーツ

アクセサリーパーツとして、イヤー金具丸カン(Cカン)9ピンの3つを使います。

イヤリング パーツ

○ 接着剤

ガラスに接着でき、乾くと透明になるタイプを用意してください。

接着剤

○ 道具

細かい作業をする道具として、丸やっとこ平やっとこニッパーの3つを使います。

イヤリング 道具

ポンチキリなど、穴が開けられるものも一緒に用意しましょう。

イヤリング 道具 ポンチ

その他材料

○ マニキュア
ガラスドームに絵を描くときに使います。
マニキュアの他に、ネイルシールを貼るだけでも可愛いですよ♪
レジンを使って着色してもOKです。

○ つまようじ
マニキュアをつけて絵を描いたり、接着剤をつけるときに使います。

○ 竹串

○ マスキングテープ

イヤリング 材料

作り方

1.吊るす部分(ヒートン)を接着します。

マスキングテープを接着面が外側になるように丸めて机につけます。
その上にガラスドームを開口部が下になるようにつけて固定します。
ヒートンに接着剤を適量つけて、上部の中心につけます。

イヤリング 作り方

もう1つも同様にし、このまま完全に乾くまで放置します。

イヤリング 作り方

2.絵付けをします。

ヒートンが完全に接着されたら、マニキュアなどを使って模様を描いていきます。
竹串にマスキングテープを接着面が外を向くように巻きつけ、ガラスドームの開口部のに差し込み固定します。

イヤリング 作り方

つまようじにマニキュアを取り、お好みの絵を描いていきます。
風鈴の絵付け体験をしているみたいで楽しいですよ。

イヤリング 作り方

失敗しても除光液を含ませた綿棒などでこすると綺麗に落ちるので、満足いくまで書き直しができます◎

描けたら倒れないようにそのまま放置し、完全に乾かします。

イヤリング 作り方

3.9ピンの準備をします。

9ピンの曲げてある部分を90°に曲げて倒します。

イヤリング 作り方

曲げたところから約1.6cmのところを90°に曲げます。

イヤリング 作り方

7〜8mm残してニッパーで9ピンを切り、丸やっとこで丸めます。

4.短冊を作ります。

千代紙を【1.5cm×1cm】に切り、外表に縦に折り目をつけます。

イヤリング 作り方

折り目をつけた内側(千代紙の裏)にシワにならないタイプの糊をつけて、再び折って接着したらポンチやキリなどで穴を開けます。

イヤリング 作り方

工程3で作った9ピンと千代紙を丸カン(Cカン)でつなぎます。

イヤリング 作り方

5.ガラスドームと9ピンを接着します。

9ピンの倒した輪の部分に、接着剤を付けます。

ガラスドームの開口部から差し込み、ヒートンのついている部分の裏側にくっつけて接着剤が乾くまで放置しておきます。
乾かすときにマスキングテープを丸めたものを台にして乾かすと◎

イヤリング 作り方

レジン液でつけてもOKです。

6.イヤー金具をつけます。

平やっとこを使って、出来上がった風鈴パーツとイヤー金具をCカンでつないだら完成!
小さいながらも風鈴そっくりですね♪

イヤリング 作り方

スポンサーリンク

② 大きめのビーズを使った風鈴の作り方

次は、ビーズを使ってもっと手軽にできる風鈴モチーフの作り方をご紹介します!

準備するもの

○ 和調ビーズやとんぼ玉などのビーズ

今回は、10mmの和調ビーズを準備しました。

○千代紙

風鈴の下の部分に使います。

○ アクセサリーパーツ

アクセサリーパーツとして、イヤー金具丸カン(Cカン)9ピンの3つを使います。

イヤリング 材料

○ 道具

細かい作業をする道具として、丸やっとこ平やっとこニッパーの3つを使います。

イヤリング 道具

ポンチキリなど、穴が開けられるものも一緒に用意しましょう。

イヤリング 道具 ポンチ

作り方

1.ビーズに9ピンをつけます。

ビーズに9ピンを通し、根元で90°に曲げます。
7~8mm残して余分なピンをニッパーで切り、丸やっとこで丸めます。

イヤリング 作り方

もう1つも同様に丸やっとこで丸めます。

イヤリング 作り方

2. 短冊を作ります。

ガラスドームの風鈴の工程4を参考に短冊を2枚作ります。

イヤリング 作り方

3.パーツをまとめます。

平ペンチを使って、作ったパーツを丸カン(Cカン)でつなぎます。

イヤリング 作り方

出来上がったパーツを全てつなげたら完成♪

イヤリング 作り方

まとめ

いかがでしたか?
夏だからこそ使える風鈴アクセサリー。
浴衣にも洋服にも合うので、とても使いやすいアクセサリーです。
耳元で揺れる小さな風鈴のイヤリングは、とても涼しげで華やか♪

イヤリング 作り方

今回はアクセサリーとして紹介しましたが、モチーフだけを作って飾るだけでも可愛いですよ♪

今だけ限定の夏アクセサリー、ぜひ作ってみてくださいね!

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Writerよっしー

暇さえあれば何かを作るハンドメイド大好き人間です。 ビーズ、ミシン、編み物、レジンetc…ひとまずなんでもやってみます。 最近オシャレに目覚めた3歳の娘を満足させるべく日々奮闘しています。

他の記事を見る