更新

ハンドメイド・DIY

コースター

100均で作る☆世界に一つだけのオリジナルコースターの作り方

コップなどの滑り止めや傷防止、コップについた水分を吸収してくれるコースター。

欲しいけど、なかなかお気に入りのコースターに出会えない…。そんなときは手作りしませんか?

今回ご紹介するのは、100均のアイテムで手軽に簡単に作れる「世界に一つだけのコースター」の作り方★
可愛いコースターで、素敵なティータイムにしませんか?

▼ 応用編:ティッシュケースの作り方 ▼
基本編をおさえたら、応用編にもチャレンジできますよ!

ティッシュケース

用意するもの

○ あみつけネット

ダイソーでは、白と黒の2種類が販売されています。
どちらを使っても大丈夫です!

あみつけネット

○ 糸(Tシャツヤーンや毛糸などでOK)

パッケージ裏には極々太糸を推奨するようなことが書いてありますが、太すぎるとネットに編みつけにくいので注意が必要です。
※細めの糸でも3本どり、4本どりとまとめて編みつければ問題なく使用できます。

毛糸

○ とじ針(編み物用)

100円ショップなら、だいたいどこでも手に入ります。
写真のものはセリアで購入しました。
とじ針がない場合は紐通しやかぎ針でも代用可能です。

とじ針

いずれの場合もネットを通り抜けられるかどうか確認しておいてくださいね。

とじ針 サイズ

○ はさみ

Tシャツヤーンを使用する場合は、裁ちばさみが切りやすいです。

スポンサーリンク

早速作っていきましょう!

1.編みつけネットを切る

編みつけネットをコースターサイズに、はさみで切ります。
手持ちのコップを置いてみたところ、17マス×17マスがちょうど良かったので、今回はこのサイズで切り取りました。

あみつけネット

2.バリの処理をする

編みつけネットを切ると周囲にバリができるので、こちらをハサミで丁寧に切り取ります。

バリの処理

3.デザインを考える

今回は、こちらの図案のコースターを作ります。
ボーダーやクロスステッチの刺繍のようにしても素敵でしょうね♪

コースター 作り方

コースター 作り方

4.1段目を作る

紺色の糸を約100cm取り、とじ針に通します。

コースター 作り方

ポイント
とじ針に糸を通すときは、このように針を使って折り目をつけ、その折り目を針穴に通すようにすると簡単に通せますよ。

スポンサーリンク

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Writerよっしー

暇さえあれば何かを作るハンドメイド大好き人間です。 ビーズ、ミシン、編み物、レジンetc…ひとまずなんでもやってみます。 最近オシャレに目覚めた3歳の娘を満足させるべく日々奮闘しています。

他の記事を見る