更新

ハンドメイド・DIY

コースター

100均で作る☆世界に一つだけのオリジナルコースターの作り方

コップなどの滑り止めや傷防止、コップについた水分を吸収してくれるコースター。
欲しいけど、なかなかお気に入りのコースターに出会えない…。そんなときは手作りしませんか?

今回ご紹介するのは、100均のアイテムで手軽に簡単に作れる「世界に一つだけのコースター」の作り方★

可愛いコースターで、素敵なティータイムにしちゃいましょう♡

応用編「ティッシュケースの作り方」の記事はコチラ☆

用意するもの

○ あみつけネット

ダイソーでは、白と黒の2種類が販売されています。
どちらを使っても大丈夫です!

あみつけネット

○ 糸(Tシャツヤーンや毛糸などでOK)

パッケージ裏には極々太糸を推奨するようなことが書いてありますが、太すぎるとネットに編みつけにくいので注意が必要です。
※細めの糸でも3本どり、4本どりとまとめて編みつければ問題なく使用できます。

毛糸

○ とじ針(編み物用)

100円ショップなら、だいたいどこでも手に入ります。
写真のものはセリアで購入しました。
とじ針がない場合は紐通しやかぎ針でも代用可能です。

とじ針

いずれの場合もネットを通り抜けられるかどうか確認しておいてくださいね。

とじ針 サイズ

○ はさみ

Tシャツヤーンを使用する場合は、裁ちばさみが切りやすいです。

スポンサーリンク

早速作っていきましょう!

1.あみつけネットを切る

あみつけネットをコースターサイズに、はさみで切ります。
手持ちのコップを置いてみたところ、17マス×17マスがちょうど良かったので、今回はこのサイズで切り取りました。

あみつけネット

2.バリの処理をする

あみつけネットを切ると周囲にバリができるので、こちらをハサミで丁寧に切り取ります。

バリの処理

3.デザインを考える

今回は、こちらの図案のコースターを作ります。
ボーダーやクロスステッチの刺繍のようにしても素敵でしょうね♪

コースター 作り方

コースター 作り方

4.1段目を作る

紺色の糸を約100cm取り、とじ針に通します。

コースター 作り方

ポイント
とじ針に糸を通すときは、このように針を使って折り目をつけ、その折り目を針穴に通すようにすると簡単に通せますよ。

5.ネットに編みつける

ネットの下から針を通して、2個先のマスに刺します。(画像【1】【2】)
隣の列に移動し、同様に一番下のマスにネットの下から針を入れて、3個先のマスに刺します。

コースター 作り方

このときに最初の糸端を巻き込んでおくと、裏の仕上がりも綺麗になります。(画像【3】【4】)
その後も図案を参考に編みつけていきます。
全て編むとこのようになります。

コースター 作り方

6.糸始末をする

裏返したら数針編み戻し、その後に糸を切ります。

コースター 作り方

これで1段目の出来上がり♪

コースター 作り方

7.2段目を作る

白の糸を約100cm取り、とじ針に通します。
1段目で編みつけたマスと同じマスに下から針を入れます。(画像【5】)

コースター 作り方

続いて4個先のマスに上から針を入れます。(画像【6】)
そのあとの列も同様に4マスずつ間をあけて刺していき、工程7と同様に糸始末をします。(画像【7】〜【9】)

8.反対側を編む

これまでの作業をもう一度繰り返して、反対側も同様に編みつけます。

コースター 作り方

コースター 作り方

9.間を埋める

水色の糸を約50cm取り、とじ針に通し、空いている部分を埋めるように編みつけていきます。

コースター 作り方

最後まで編みつけられたら、糸始末をします。

コースター 作り方

10.外周に糸を巻きつける

水色の糸を約50cm取り、とじ針に通します。
一番外側のマスのどこかに針を入れて(画像【13】)、1マスごと移動しながらぐるぐると編みつけています。(画像【14】【15】)

コースター 作り方

角のマスは、糸を2回通します。(画像【16】)
最後の方は、最初の糸端を巻き込みながら編みつけていきます。

11.糸始末をする

一周編みつけられたら、そのまま2〜3針分の目に針を入れて針を抜き、余分な糸を切って完成です☆

コースター 作り方

コースター

綺麗に作るポイント

・隙間がなるべく開かないように編む。
・編む糸がねじれないようにする。
・編むときの力は均一にする。

アレンジ①

図案を変えると違った雰囲気のコースターとなります。
こちらは、コットン糸を4本どりにして斜めに編みつけたものになります。
タイルが並んだような作品になり、可愛らしいです♪

コースター

スポンサーリンク

アレンジ②

こちらは、アクリル毛糸を2本どりにして編みつけたものになります。
アクリル毛糸を使うと、ほっこり温かみのあるコースターに仕上がります。
暖かいスープの入ったカップを置きたくなりますね。

コースター

上二つの図案はこちらになります。
編みつけネットは16マス×16マスです。
ぜひ参考にしてくださいね!

コースター 作り方

まとめ

コップの下にサッと敷くだけで、なんだかオシャレな気分になるコースター。
あるのとないのでは、テーブルの上の華やかさも全然違ってきますよね。

今回ご紹介した図案はほんの一例なので、オリジナルのデザインで様々なコースターを作ってみてください。
1枚1時間程度で作れるので、たくさん作ってお友達へのちょっとしたプレゼントにしてもいいかもしれませんね♪
お気に入りのコースターを使って、素敵なティータイムをお過ごしください☆

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Writerよっしー

暇さえあれば何かを作るハンドメイド大好き人間です。 ビーズ、ミシン、編み物、レジンetc…ひとまずなんでもやってみます。 最近オシャレに目覚めた3歳の娘を満足させるべく日々奮闘しています。

他の記事を見る