更新

ハンドメイド・DIY

移動ポケットの簡単な作り方

【図面付き】大人も子供も使える!移動ポケットの簡単な作り方

生地の裁断方法

まず、今回作る移動ポケット(切り替えなし)で必要な生地のサイズは【15cm×横76cm】。

👇今回使う生地のそれぞれのサイズは、下の図を参考にしてください📝!

移動ポケット 展開図

切り替えアリの移動ポケットを作る場合は、こちらの図を参考にして横のサイズを変更してください。
※切り替えがある移動ポケットを作る際は、生地を繋ぐための縫い代1cmも入れて裁断することをお忘れなく!


今回は作るのは切り替えアリの移動ポケット。
蓋の外側と背面の2箇所を花柄に、その他をボーダーにします。

移動ポケット 展開図

花柄の生地→縦15cm×横21cm(色付き部分)
ボーダーの生地→15cm×57cm(色無し部分)
※横のサイズはそれぞれ縫い代として、裁断する生地のサイズに+1cmしています。

移動ポケットの作り方 生地

バンドクリップをつけるバンド用として、15cm×4cmの生地を裁断します。

移動ポケットの作り方

スポンサーリンク

接着芯を貼り付け方法

今回使う花柄の生地は、薄手なので接着芯を貼ります。※厚手の生地の場合は不要!

接着芯を花柄の生地より1cm小さく切ります。

移動ポケットの作り方 接着芯

花柄の生地の裏面と接着芯の糊の面(光に当てるとキラキラする面)が接するように重ねます。
※ミシンで縫ったときに、接着芯と生地を一緒に縫い込められる位置に置くのがポイントです。

移動ポケットの作り方

当て布をし、ドライモード(中温)でアイロンをかけます。

移動ポケットの作り方

ポイント
ゴシゴシ擦るようにアイロンをかけるのではなく、端から押さえながら少しずつアイロンをかけるのがポイント。
1ヵ所にかける時間は15~20秒、全体に満遍なく熱と圧をかけます。
温かいうちに触ると芯が剥げる場合があるので、生地は冷めるまで放置しましょう。

移動ポケットの作り方

1.生地を繋ぐ

切り替えをする場合は生地の表同士を重ね、まち針で生地を固定します。

移動ポケットの作り方

縫い代1cmで縫い合わせたら生地を開いて、15cm×76cmのサイズに生地がなっていることを確認しましょう。

2.バンドクリップをつける部分を作る

バンドクリップ用として裁断した生地(15cm×4cm)を横に半分折ります。

移動ポケットの作り方

生地を開き、折り筋に向かって画像のように折ります。

移動ポケットの作り方

このときに1mm程度、間を開けておきます。

移動ポケットの作り方

次に、最初の折り筋で折って開いている端から2~3mmの部分を縫います。

移動ポケットの作り方

これでバンドの出来上がり!作ったバンドを【背面・クリップ付け位置】に取り付けます。

👇取り付け位置は画像の通りです。

移動ポケットの作り方

左右の端からそれぞれ2.5cm、2cmのところに印をつけて縫います。

移動ポケットの作り方

ここにバンドクリップをつけるので、【返し縫い+もう一度縫い】で強度をアップさせます。
ついでに両端も端から5mmの所を仮止めしておくと、この後の縫い合わせでずれませんよ。

※バンドクリップはこの2cmのところに取り付けます。

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Writerよっしー

暇さえあれば何かを作るハンドメイド大好き人間です。 ビーズ、ミシン、編み物、レジンetc…ひとまずなんでもやってみます。 最近オシャレに目覚めた3歳の娘を満足させるべく日々奮闘しています。

他の記事を見る