更新

ハンドメイド・DIY

ポーチ 作り方

100均のファスナーで可愛く♡子供も喜ぶキャラクターポーチの作り方

100均の手芸コーナーは様々な種類のアイテムが豊富♡
「これをちょっと試してみたい」というときに、少量サイズから買えるのでとても便利ですよね。

ハンドメイドは材料や道具を一から揃えるのが意外と大変ですが、100円という低価格でそのハードルをグッと下げてくれているのがとてもありがたいですよね!

今回は、キティちゃんのファスナーを使って子供も喜ぶキャラクターポーチの作り方をご紹介します。

今回のメインアイテムはコレ☆

ダイソー / ファスナー

カラー展開は赤×青と、茶×白の組み合わせの2種類。
スライダーの持ち手がキティちゃんという、なんともかわいいファスナーです。

ポーチ 作り方

今回は、赤×青の組み合わせのファスナーの青を使って、ポーチの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

準備するもの(完成サイズ約16×21.5cm)

○ キティちゃんのファスナー

今回はこちらの青を使います。

ポーチ 作り方

○ 生地(表布・裏布) … 35×25cmを1枚ずつ

今回使うのがキティちゃんのファスナーなので、表布にはダイソーで販売されているサンリオ柄の生地を使用しました。
これとは別に、裏布用の生地も準備してください。

ポーチ 作り方

○ 接着芯

ダイソーのサンリオ生地は薄手のものなので、しっかりしたポーチにするために芯を貼りました。
柔らかいポーチがお好みでしたら、接着芯は無くても大丈夫ですよ。

※今回は、薄手の接着芯を使用しました。

ポーチ 作り方

○ ペン

時間が経つと消えるタイプがオススメです!
もちろん、チャコペンでもOK☆

ポーチ 作り方

○ ファスナーおさえ

ミシンでファスナーを縫い付けるときは、専用のおさえを使います。

ポーチ 作り方

○ 裁ちばさみ

布を切るときに使います。

○ しつけ糸

無ければ縫い糸で代用しても大丈夫です。

○ ミシン糸・手縫い糸

手縫いでもできますが、ミシンの方が早く縫い上げられますよ♪
手縫いをする場合は、手縫い糸を使いましょう。

ポーチ 作り方

作り方

1.生地を寸法に切る

表布と接着芯を 33×23.5cm、裏布を32.5×23.5cmに裁断します。
※出来上がったポーチの裏布がダブつかないように、裏布の縦を0.5cm短く切ります。

ポーチ 作り方

ポーチ 作り方

2.表布の裏に接着芯を貼る

表布の裏と、接着芯の裏が接するようにアイロン台に置いてその上から当て布をします。
接着芯のパッケージに書かれている温度(だいたいが低温~中温)のドライアイロンで接着していきます。

ポーチ 作り方

アイロンを滑らせるのではなく、押さえつけるようにしながら全体をまんべんなくかけます。
※15~20秒押さえたら移動する、というイメージでするとやりやすいですよ♪

ポーチ 作り方

全体にアイロンをかけ終えたら冷まします。
※完全に冷めたら当て布を取り、かけ忘れが無いかチェックしましょう。

ポーチ 作り方

接着芯の裏と表の見分け方

接着芯には表と裏があり、光に当てたときにキラキラと反射する方が裏になります。
この光に反射するものが糊です。

ポーチ 作り方

3.ファスナーの準備をする

ファスナーの端の四隅を写真のように折り、縫い止めます。
ここは見えない部分になるので、何色の糸を使っても大丈夫です。

ポーチ 作り方

4.片方の布端にファスナーをつける

表布の表の上に裏向きのファスナー、裏向きの裏布の順に重ねます。

ポーチ 作り方

待ち針で固定し、しつけをかけます。
※しつけはなくても大丈夫ですが、かけていた方が作業がしやすいですよ♪

ポーチ 作り方

ファスナーをミシンで布端から7mmくらいのところを端から端まで縫います。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。
※縫い始めと縫い終わりは返し縫いを必ずしてくださいね。

スライダーの横は縫いにくいのでスライダーを移動させながら縫います。
※手縫いの場合は、強度を増すためにぐし縫い(なみ縫い)ではなく本返し縫いをしましょう。

ポーチ 作り方

端まで縫えたらしつけ糸を外して表に返し、布端から2~3mmのところを縫います。
これで片方のファスナーがつきました!

ポーチ 作り方

5.もう片方の布端にもファスナーをつける

表布と裏布のそれぞれの布端をファスナーの端に合わせます。
写真のようなイメージで◎

ポーチ 作り方

待ち針で固定してしつけをかけます。

ポーチ 作り方

しつけをかけたら先ほどと同様に、布端から7mmくらいのところを端から端まで縫います。

ポーチ 作り方

端まで縫えたら表に返し、布端から2~3mmのところを塗ったらファスナーがつきました!

ポーチ 作り方

6.脇を縫う

表布同士、裏布同士がそれぞれ内側が表になるように開きます。

ポーチ 作り方

※このとき、ファスナーは半分くらい開けておいてください。

ポーチ 作り方

表布の端同士が合うようにして、両脇を待ち針で固定します。

ポーチ 作り方

閉めたときにファスナーのスライダーがくる方の裏布に返し、口を10cmくらい残して縫い代1cmで縫います。
もう片方は縫い代1cmで端から端まで縫います。

ポーチ 作り方

7.返し口からひっくり返す

返し口から布を丁寧に引き出して表に返します。

ポーチ 作り方

8.返し口を閉じる

基本的に返し口はコの字縫いで閉じますが、ミシンで返し口を合わせてダダッと縫ってしまっても大丈夫です!
コの字縫いは、その名の通りコを書くように縫っていくやり方です。

ポーチ 作り方

返し口を閉じたら裏布をポーチに入れ、軽くアイロンをかけたら出来上がりです!

ポーチ 作り方

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
100円ショップのファスナーは使いやすい20cmが主流ですが、手芸専門店では色も長さも豊富に揃っており、作りたいものに合わせて1本から購入できるから便利!

基本のポーチが作れるようになると、アレンジ次第でペンケースや化粧ポーチなど色々なアイテムにも挑戦できますよ♪
ファスナー付けにチャレンジしたことがない方もこの機会に、ぜひ作ってみてください。

ポーチ 作り方

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Writerよっしー

暇さえあれば何かを作るハンドメイド大好き人間です。 ビーズ、ミシン、編み物、レジンetc…ひとまずなんでもやってみます。 最近オシャレに目覚めた3歳の娘を満足させるべく日々奮闘しています。

他の記事を見る