更新

ハンドメイド・DIY

ブックカバー

読書の秋だからこそ作りたい☆オリジナルブックカバーをハンドメイド

秋といえば読書♪
スマホやタブレットで手軽に本が読めるのも良いですが、やっぱり製本された本には紙のぬくもりや匂いなど、デジタルにはない独特の雰囲気が感じられますよね。

今回は、そんな本のブックカバーの作り方をご紹介します。
お好みのデザインの生地で作れば、読書の時間がさらに楽しくなること間違いなし♪
ぜひ、ハンドメイドに挑戦してみてくださいね!

文庫本サイズのブックカバーの作り方

今回は本の厚さが2cmまで対応できるようなブックカバーです。
もっと厚い本に使う場合は、さらに横の長さを足してください。

準備するもの

生地
20cm×40cmあれば十分です。
表面用(水玉)と裏面用(無地の緑)の生地を2種類ご用意ください。
準備する生地が薄手の場合は同サイズの接着芯も一枚ご用意ください。

参考:必要な生地の大きさ
単行本 … 22.5×49cm
新書 … 20.5×40cm

バンドの位置はお好みで調節してみてくださいね♪

ブックカバー 作り方

リボン
しおり用に使います。
太さや色はお好みのものをご用意ください。

ブックカバー 作り方

ビーズ
しおりの飾り用です。
飾りがいらなければいりません。

設計図
長さの縮尺はバラバラですが、こちらの図面通りに作っていきます。

ブックカバー 作り方

その他
この他に裁縫道具やミシン(あれば)をご用意ください。

作り方

1.生地を裁断します。

まず生地を18cm×37cm(縫い代1cm込み)に切ります。

ブックカバー 作り方

続いて片方の辺のみ上下を5cm×1cmの三角形で切り落とします。

ブックカバー 作り方

表布が薄い生地の場合は、ここで同じ大きさの接着芯を貼っておいてくださいね。

ブックカバー 作り方

裏面になるもう一枚の生地も同様に切ります。

ブックカバー 作り方

2.生地の一辺を縫い合わせます。

生地を内側が表になるように重ね、三角形に裁断しなかった方の短辺を待ち針で固定し、縫い代1cmで上から下まで縫い合わせます。
(縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてくださいね。)

ブックカバー 作り方

縫えたら縫い代を開いておきます。

ブックカバー 作り方

ポイント
・手縫いの場合は本返し縫いで縫うと丈夫に出来上がります。
・縫うのが嫌だ!という場合は、手芸用接着剤とアイロンを使って作ってもOK◎

3.ベルト部分を作ります。

表に使った生地を4cm×18cmに切ります。

ブックカバー 作り方

切ったら中が表になるように半分に折って、待ち針(クリップ)で固定します。

ブックカバー 作り方

上から下まで縫います。
(縫い始めと縫い終わりは返し縫い)

ブックカバー 作り方

縫えたら縫い代を割って表に返します。

ブックカバー 作り方

ちょっと返しづらいので少しずつ引き出すように返してくださいね。
ひっくり返したらアイロンをかけてシワを伸ばします。

4.ベルトとしおりを配置して仮縫いをします。

まず先ほど作ったベルトを端から12.5cm(または中心から4cm)の所に置き、ずれないように上下を仮縫いします。

ブックカバー 作り方

このとき、上下の端をぴっちり合わせるのではなく、少し内側に配置してベルトがちょっとだけたるませるようにすると、ブックカバーが使いやすくなります。

ブックカバー 作り方

仮縫いなのでずれない程度に縫っておけば大丈夫です。
続いてしおりとなるリボンを25cmに切って中央に置き、ずれないように仮縫いします。

ブックカバー 作り方

リボンの端は、このあと巻き込んで縫ってしまわないうようにするために結んでおきます。

5.生地をたたみます。

工程2で縫い合わせたところから5cmのところで裏布の表面同士が重なるように折り曲げます。

ブックカバー 作り方

続いて表布の端と裏布の端が合うように折り曲げて、待ち針(クリップ)で固定します。

ブックカバー 作り方

生地はM字のような形に折り曲げられます。

6.縫い代を縫います。

縫い代1cmで縫っていきます。

ブックカバー 作り方

途中、10cmくらい返し口を開けておいてくださいね。

7.返し口からひっくり返します。

ひっくり返す前に生地がかさばる四隅を切っておきます。

ブックカバー 作り方

加えて斜めに切っている部分も切れ込みを入れておきます。

ブックカバー 作り方

縫った部分を切らないように注意してくださいね。
余分なところを切ったら縫い代を割って返し口から返してアイロンをかけます。

ブックカバー 作り方

8.返し口を閉じます。

コの字とじで閉じていきます。

ブックカバー 作り方

その名の通り、カタカナの「コ」を書くように縫って返し口を閉じていきます。

ブックカバー 作り方

9.しおり部分を仕上げます。

使いやすい長さのところにビーズが来るようにリボンを結んで固定し、余分なリボンを切り取ります。

ブックカバー 作り方

10.完成

オリジナルブックカバーの完成です。

ブックカバー 作り方

ひと口に本とは言っても大きさは様々ですが、作り方はどれも一緒です。
作り方が分かれば、あとはサイズやバンドの位置を変えるだけで簡単に挑戦できますよ♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
一見複雑な構造のように感じるブックカバーですが、実はM字に折って縫うだけと簡単なんです!

ブックカバー

読みたい大きさに合わせて、気分に合わせてブックカバーを数種類用意して使い分けるというのも楽しそうですね。
手作りのブックカバーをつけて、秋の読書タイムを楽しんでくださいね♪

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Writerよっしー

暇さえあれば何かを作るハンドメイド大好き人間です。 ビーズ、ミシン、編み物、レジンetc…ひとまずなんでもやってみます。 最近オシャレに目覚めた3歳の娘を満足させるべく日々奮闘しています。

他の記事を見る