更新

子育て・おもちゃ

本当に100円!?使えるダイソーの知育ブックで楽しくお勉強♪

子育ての悩みで多いのが「教育」のこと。

何をさせてみたらいいのか分からない。」 
子どもが何に興味があるか分からない。

悩み出したらキリがないくらい、色々な悩みが頭を駆け巡っていきますよね。

そんなときは、まずはダイソーの「おけいこブック」を試してみませんか?
100円だと侮るなかれ!今回ご紹介するダイソーの知育ブック、100均で買えるものとは思えないほどのクオリティですよ♪

今回は、ダイソーの知育ブックを使った勉強方法も一緒にご紹介するので参考にしてみてくださいね♪

ダイソーのおけいこブック

ダイソーのおけいこブックは、「幼児のおけいこシリーズ」として2歳から使える「遊び系」から、「勉強系」まで年齢別に分けられており、子どもの成長に合わせて使えます。

1冊の中でも、だんだんページを追うごとに難易度も上がっていくので、着実にステップアップができる仕組みに♪1冊が終わる頃には、開始前と比べてできることも増えそうですね♪

冒頭に、特長ねらいと取り組み方が載ってます。

ダイソー おけいこブック

おうちのかたへ」という欄はそれぞれの課題にもあり、問題につまずいた時の声かけのヒントがあるのも嬉しいポイント☆

ダイソー おけいこブック

私はこの欄に非常に助けられており、子どもが解きにくそうにしている時にはここを参考にしてヒントを出しています。

4歳児のテキスト

こちらは4歳向けのテキスト。

ダイソー おけいこブック

「ひらがな」「かず」「めいろ」「ちえ」の全4種類。全てのテキストが60ページ近くあり、結構なボリューム♪

内容も通信教育についてくるワークに引けをとらないクオリティ☆

スポンサーリンク

我が家での活用例

「よく遊び、よく学べ」がモットー

特に教育に力を入れているというわけではなく、「子供がやりたいならやらせてあげる」というスタンスです。

テキスト形式の知育ブックは、できたことが目に見えてわかるので「できた!」という達成感が得られやすいんですよね。

達成感は大人も子どもも同じですごく気持ちいいですし、何より「できた!」の積み重ねはきっと子どもの自信にもつながってくると思います。

できた時の褒め方

ただ言葉で「やったね!」「よくできたね!」というだけでなく、頭を撫でたり抱きしめたり、ハイタッチしたりと行動とともに褒めるように心がけています。

子ども 褒める

とはいえ忙しい時は言葉だけになってしまいますが、その時はちょっと大袈裟なくらいの表情と声のトーンをつけています。

どちらの場合も子どもは満足そうな顔をしますよ♪

強制はしない!

子どもがこの手のワークが好きだと言っても、毎日やっている訳ではありません。1週間全くやらない時もあれば、毎日続けていろんな種類に取り組んだりとまちまちです。

普段はおもちゃや絵本と一緒に置いておき、子どもが見つけて持ってきた時に付き合う程度で、「ワークやらないの?」と聞いたり強制したりはせず、完全に自主性に任せるのが◎

ダイソー おけいこブック

このようにお家ごとに勉強への取り組み方を時間をかけて決められるのも、未就学の間の特権!

子どもの変化

文字や数字は読めるけど書くことに全然興味のなかった我が家の娘ですが、この4冊を渡してしばらくしたら、「これってどう書くの?」と聞いてくるようになりました。

「ちえ」の本の中にあるなぞなぞのコーナーの影響なのか、たまに自作のなぞなぞを作るようになりました。もちろん4歳の作るものなのでとんでもない内容のものを作ってきますが、それはそれで楽しい♪

テキストをやってみて大変なこと

大人になった今では当たり前にできていることが4歳ではそうではありません。

子どものやる気を無くさないように励ますのが大事!当たり前のことをわからない子どもに、いかにわかりやすく噛み砕いて教えるかが大事になってきます。

ダイソー おけいこブック

時には子どもと一緒に悩んで一緒に解決するというのもいい方法ですよ♪

私が子どもの頃よりも今の方が勉強における親の関わり度合いが大きくなっているので、小さいうちから親子で慣れておくといいかもしれませんね。

ダイソーの知育関連商品はこの他に色々な種類があり、シールブックや工作ブック、図鑑や赤ちゃん向けの絵本などかなり充実しています。どれも内容がしっかりしていてとても100円だとは思えない内容!

ダイソーの商品なので値段を気にせずどんどんやらせてあげることができるのが1番の魅力ですよね♡

ダイソー おけいこブック

まとめ

いろいろな会社から子ども向けのワークが出ています。どれも素晴らしい内容ですが、初めて手に取る方はダイソーの知育関連商品がオススメ☆

試しに子どもに渡してみて興味を示さなかったとしても、金銭的なダメージは少ないので気軽に取り入れられますし、もし今興味を示さなくても、子どもが普段使うおもちゃや絵本のそばに置いておき、子どもが見つけて自発的に取り組むまで待ってもいいかもしれません。

ひょっとしたらこれを機に子どもが新しい事に興味を持つきっかけになるかも!?

ダイソーの知育関連商品はとても充実しているので、ぜひ一度売り場をのぞいてみてくださいね♪

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Writerよっしー

暇さえあれば何かを作るハンドメイド大好き人間です。 ビーズ、ミシン、編み物、レジンetc…ひとまずなんでもやってみます。 最近オシャレに目覚めた3歳の娘を満足させるべく日々奮闘しています。

他の記事を見る