更新

子育て・おもちゃ

【子育ての悩み】イヤイヤ!子供のお風呂嫌いを治す方法

子供のお風呂嫌い。
泣いて嫌がったり、走って逃げたり、入る前から大騒ぎ><それが毎日続くと辛いですよね…。

今回はそんなママのお悩みを解決するお助け情報をご紹介!
お子さんに合う改善方法を試して、親子のお風呂タイムを楽しい時間にしましょう♪

まずはお風呂嫌いになった原因を探す!

子供がお風呂を嫌うのにはきちんと理由や原因があります。あなたのお子さんがお風呂嫌いになったのは、こんな理由があったのかも><

改善するために、まずは何が原因なのかをよく知ることが大切です!

①まだ遊びたい

子供が遊んでいるときに急に「今からお風呂に入るよ!」と声をかけていませんか?

子供は切り替えが苦手です。すぐに遊びをやめて、お風呂に入ることはできません。公園やキッズコーナーからなかなか帰れないのも同じ原因です。

②お風呂を怖がる

顔に水がかかったり、シャワーや浴槽に張ったお湯などを怖がる子供は思っているよりも多いんです。他にもシャンプーが目にしみたり、体を洗うときのゴシゴシが嫌だったり、石鹸の匂いが嫌だったという場合もあります。

子供がお風呂の中でもすごく嫌がるそぶりを見せたら、何かお風呂の中で嫌なことがあったのかもしれません。

③パパと一緒を嫌がる

パパとのお風呂を嫌がるときの理由は、3つの不安が強くなったとき。

1.洗い方やシャワーのかけ方がママと違う
1つ目は、パパとママで洗い方が違うことによってお風呂が不安になるになる場合。必ずしも嫌われているわけではないので、落ち込まずに改善策を試してみましょう。

2.環境が変わって不安を感じている
2つ目は、環境が変わって不安を感じている場合。幼稚園に通い始めたり、転園したり、下の子が産まれたり、環境が変わると子供はママに甘えたい欲求が強くなります。

この場合はしっかり甘えさせてあげれば、ゆっくりと改善していきますよ。

3.パパと一緒にいるのが慣れていない
3つ目は、パパと一緒が不安な場合。仕事が忙しいなどでパパと接する時間が短い場合は、子供がパパと一緒にいるのに慣れていないことがあります。

忙しいパパは、量より質を重視させるのがポイント!一緒に居られる時間を作り、その時間はきちんと子供と向き合えば自然と信頼関係が築いていけます。

スポンサーリンク

お風呂嫌いを克服させる方法

①まだ遊びたいときの改善策

遊んでいる子供をお風呂に誘うなら、お風呂に魅力的な遊びがあればいいのです。
お風呂でしかできない遊びやおもちゃがあれば、子供は自然にお風呂が好きになっていきます。

★ポイント★
使うおもちゃはお風呂から出さないこと。お風呂だけという特別感を出すことでより魅力的になります。

【 おすすめの遊び&おもちゃ 】

1.シャボン玉

シャボン玉
photo by Amazon

100均でも購入できるシャボン玉は子供にとって、とても魅力的なもの。お湯につかっているときだけ使わせると、長くお湯に使ってくれますよ。
>>おすすめ商品はコチラ

2.パズル

パズル
photo by Amazon

お風呂の壁に張って遊べるタイプのパズルは、100均でも購入可能。このパズルのおもちゃのメリットは乾きやすいことです。お風呂のおもちゃはカビやすいので、いかに早く乾かすかが大切になってきます。
>>おすすめ商品はコチラ

3.お絵かき

お風呂 お絵描きセット
photo by Amazon

お風呂の壁に自由にお絵かきができるペンや、クレヨン型の石鹸もあります。絵を描くことが好きな子供にはピッタリです。
>>おすすめ商品はコチラ

4.水遊び

ペットボトルや使わなくなった保存容器、お菓子の空き箱(プラスチック)なども、おもちゃになります。
水を容器に入れたり、出したりするだけでも十分に楽しんでくれますよ。金属の容器はすぐさびてしまうので、プラスチック製の容器を選びましょう。

5.シャンプー

ベビーシャンプー
photo by Amazon

泡立ちの良いシャンプーやボディーソープは、子供にとっておもちゃも同然。髪の毛を立てたり、体にたくさんつけたり、思いっきりさせてあげることがポイントです。

遊ばせる場合は、必ず目にしみないタイプのシャンプーを使いましょう。
>>おすすめ商品はコチラ

6.泡風呂

泡の入浴剤
photo by Amazon

ドラッグストアにもある泡の入浴剤を使うと子供は大興奮!泡のもちも良いので、体が温まるまでしっかり遊べます。お風呂の湯量にも寄りますが、我が家は15回以上使えましたよ♪
>>おすすめ商品はコチラ

7.入浴剤

キャラクター入浴剤 ドラえもん
photo by Amazon

温泉の素や一般的な入浴剤でも効果はありますが、とっておきはバスボム!特におもちゃが入っているバスボムは、ママが驚くくらいの効果が♪
あまりに効果があり過ぎて、バスボムがないとお風呂に入ってくれなくなることがあるので、頻繁に使うのは避けた方が良いかも◎
>>おすすめ商品はコチラ

②お風呂を怖がるときの改善策

子供がお風呂を怖がっていると感じた場合、お風呂の何を怖がっているのか聞いてみましょう。その原因がわかったら、それを遊びに変えてみるのが◎

例1)シャワーが怖い
シャワーが顔にかかることが怖い場合は、シャワーを天井に向けて噴水ごっこをしてみましょう。

例2)浴槽の水が怖い
浴槽の水が怖い場合は、おもちゃを浮かべてみたり、泡風呂にしたりして水から意識をそらすなどを試してみましょう。

怖い体験が楽しい体験に上書きできれば、お風呂嫌いも次第に改善していきますよ♪

③一緒に入るのが嫌な場合

子供が、パパやママの洗い方やシャワーのかけ方を嫌がっている場合は、どちらか片方と入るのではなく、親子3人でお風呂に入るのがおすすめ。お互いのお風呂の手順や力加減などをしっかり確認しましょう。

子供がある程度自分で洗える場合は、これを機会に一人で体を洗ったり、流したりさせてみても良いです。

自分でやってみることは子供にとって楽しいものです。一人でできたときは、大げさなくらい褒めてあげるのがポイントです。

まとめ

いかがでしたか?
多くの子供はお風呂嫌いの時期が来るものですが、ちょっとした工夫でお風呂を好きなってもらうことができます。どの対策でも、大人が子供の気持ちに寄り添って、お風呂を楽しもうと思うことが大切。今回ご紹介した改善策で、子供とのお風呂の時間を楽しんでもらえると嬉しいです。

掲載している画像は全て利用許可を得ています。

画像の無断転載を禁じます。

Writerはちみつ

趣味は、料理とイラスト。休日はお菓子やパンを作ったり、家族でゲームすることが楽しみです。 最近は、子どもと一緒に歌ったり踊ったりと、たまりにたまったカロリーを消費しています。

他の記事を見る